平成30年度

事業所における自己評価結果(放課後等デイサービス)



                                          放課後等デイサービスあかり


                                                                                                 ホームへ戻る


公表日:平成31年3月12日

   チェック項目  はい  どちらとも
いえない
 いいえ  改善目標、工夫している点など

境 





 
 1  利用定員が指導訓練室などスペースとの関係
で適切であるか。
   ○    利用児童が多い時は外に出かけるなど工夫している。
 2  職員の配置数は適切であるか。  ○    
 3  事業所の設備等について、バリアフリー化の
配慮が適切になされているか。
 ○      点字ブロックや手すり等を設置している。




   
 業務改善を進めるための PDCA サイクル
(目標設定と振り返り)に、広く職員が参画
しているか。
 ○      月一回の例会やミーティングを通して業務改善に努めている。
 保護者向け評価表を活用する等により
アンケート調査を実施して保護者等の意向等
を把握し、業務改善につなげているか。
 ○      保護者向けアンケートを実施している。
 この自己評価表の結果を、事業所の会議や
ホームページ等で公開しているか。
 ○      公開している。
 第三者による外部評価を行ない、評価結果を
業務改善につなげているか。
     ○  第三者による外部評価は、今後受ける予定。
 職員の資質向上を行うため、研修の機会を
確保しているか。
 ○      月1回内部研修を行っており、外部研修にも参加している。








 9  アセスメントを適切に行ない、子どもと保護者の
ニーズや課題を客観的に分析した上で、放課後
等デイサービス計画を作成しているか。
 ○      アセスメント表は、より使いやすいものを作成していく。
 10  子どもの適応行動の状況を図るために、標準化
されたアセスメントツールを使用しているか。
   ○    K式発達検査やwiscの研修を行ない結果を参考にしている。
 11  活動プログラムの立案をチームで行っているか。  ○    スケジュールを立てているが少人数で立てているので、今後より多くの職員の意見を取り入れていく。
例会や活動前の移動に利用児童の様子を話し合い、過ごし方を決めている。
12   活動プログラムが固定化しないよう工夫して
いるか。
 ○      子ども達の状態を職員間で共有し必要な活動をしている。
13  平日、休日、長期休暇に応じて、課題を決め
細やかに設定して支援しているか。
 ○     送迎時に保護者と話し合い、支援の方針は柔軟に対応している。 
今後、長期休暇の際には課題を子どもや保護者と話し合う予定。
 14  子どもの状況に応じて、個別活動と集団活動を
適宜組み合わせて放課後等デイサービス計画を
作成しているか。
 ○      
15  支援開始前には職員間で必ず打ち合わせをし、
その日に行われる支援の内容や役割分担につ
いて確認しているか。
 ○      情報共有、役割分担を行っている。
16  支援終了後には、職員間で必ず打ち合わせを
し、その日に行われた支援の振り返りを行ない、気
付いた点等を共有しているか。
 ○      記録を残していく。
17 日々の支援に関して正しく記録をとることを徹
底し、支援の検証・改善につなげているか。 
 ○      記録はしているが、どの記録を個人のファイルにまとめるかなど整理が必要。
日々、利用児童の様子を記録している。
18  定期的にモニタリングを行ない、放課後等デイサ
ービス計画の見直しの必要性を判断しているか。
 ○      半年に一度モニタリングを行い、計画の見直しに役立てている。
19  ガイドラインの総則の基本活動を複数組み合
わせて支援を行っているか。
   ○    職員の間でもガイドラインの理解を深めていく。











携 
20  障害児相談支援事業所のサービス担当者
会議にその子どもの状況に精通したもっともふさ
わしい者が参画しているか。
 ○      参加できるように調整する。
 21  学校との情報共有(年間計画・行事予定等の
交換、子どもの下校時刻の確認等)、連絡調整
(送迎時の対応、トラブル発生時の連絡)を
適切に行っているか。
 ○      必要に応じて学校との連携を図っている。
 22  医療的ケアが必要な子どもを受け入れる場合は、
子どもの主治医等と連絡体制を整えているか。
   ○    医療的ケアの必要な利用者がいない。
 23  就学前に利用していた保育所や幼稚園、認定
子ども園、児童発達支援所との間で情報共有と
相互理解に努めているか。
 ○    必要に応じて、情報共有と相互理解を行っている。
 24  学校を卒業し、放課後等デイサービス事業所
から障害福祉サービス事業所移行する場合、
それまでの支援内容の情報を提供する等しているか。
 ○      
 25  児童発達支援センターや発達障害支援センター
等の専門機関と連携し、助言や研修を受けているか。
 ○      
 26 放課後児童クラブや児童館との交流や、障害のない
子どもと活動する機会があるか。 
     ○  児童館との交流は持ったことはあるが、上手くなじむことができなかった。
交流の仕方を児童館と話す機会を持つ予定。
障がいのない子どもと活動する機会はないが、障がい者スポーツの集いなど障がいのある子どもとの交流はある。
 27  (地域自立支援)協議会等へ積極的に参加
しているか。
 ○     子どもの支援につながるので、積極的に参加している。
 28  日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、
子どもの発達の状況や課題について共通理解
を持っているか。
 ○      モニタリングの他にも、子どもの送迎の際に児童のことについてよく話をしている。
 29  保護者の対応力の向上を図る観点から、保護者
に対してペアレント・トレーニング等の支援を
行っているか。
 ○      子どもの関わり方について思いを聴いて、必要があれば助言を行っている。









 30  運営規程、支援の内容、利用者負担等について
丁寧な説明を行っているか。
 ○      契約時に説明を行い、契約後も質問があれば説明している。
 31  保護者からの子育ての悩み等に対する相談に
適切に応じ、必要な助言と支援を行っているか。
 ○      保護者の悩みを理解し、保護者の立場に立った助言や支援に努めている。
 32  父母の会の活動を支援したり、保護者会等を
開催する等により、保護者同士の連携を支援して
いるか。
     ○  今後開催する予定。
 33  子どもや保護者からの苦情について、対応の
体勢を整備するとともに、子どもや保護者に周知し
苦情があった場合に迅速かつ適切に対処しているか。
 ○      
 34  定期的に会報等を発行し、活動概要や行事予定、
連絡体制等の情報を子どもや保護者に対して
発信しているか。
 ○      毎月予定表を配布している。
 35  個人情報に十分注意しているか。  ○      記録類は鍵付きロッカーに保存している。
 36  障害のある子どもや保護者との意思の疎通や
情報伝達のための配慮をしているか。
 ○      
 37  事業所の行事に地域住民を招待する等
地域に開かれた事業運営を図っているか。
     ○  今後計画予定。
地域で開催されたイベントには参加した。





応 
 38 緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症
対応マニュアルを策定し、職員や保護者に
周知しているか。
   ○    各種マニュアル策定している。今後すべての職員、保護者に周知を促す。
 39  非常災害の発生に備え、定期的に避難、救出
その他必要な訓練を行っているか。
 ○      年2回避難訓練を行っている。
 40  虐待を防止するため、職員の研修機会を確保する等、
適切な対応をしているか。
 ○      定期的に研修を行っている。
 41  どのような場合にやむを得ず身体拘束を行うか
について、組織的に決定し、子どもや保護者に事前に
十分説明し了解を得た上で、放課後等デイサービス
計画に記載しているか。
   ○   身体拘束を行った事例はこれまでないが、平成30年度に内部研修を行った。
平成31年度も、研修を通して理解を深める。
身体拘束について、チームで検討していく。
 42  食物アレルギーの子どもについて、医師の
指示書に基づく対応がされているか。
   ○    該当児童がいれば、指示書を確認する体制はできている。
 43  ヒヤリハット事例集を作成して事業所で共有
しているか。
     作成しており、例会で周知している。